豪ドル円スプレッド 狭い FX業者 スノーキーのFX・BOブログ

スノーキーのFX・BOブログ Top > スポンサー広告 > 豪ドル円スプレッド 狭い FX業者スノーキーのFX・BOブログ Top > 豪ドル円スプレッド比較 > 豪ドル円スプレッド 狭い FX業者

【スノーキーのブログ】

スノーキーのメルマガ

FXタイアップ

SBI FXトレードタイアップ

FX業者の評判

スノーキーのYouTube

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事表示リンク

RSSフィード

忍者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


      
--/--/--(--) スポンサー広告

豪ドル円スプレッド 狭い FX業者


スノーキーこと、小手川征也です!   こちらも毎日更新中!

10万円を1カ月で2倍にした私の手法はこちらで公開中。


政策金利の引き下げの繰り返しで、

以前ほどのスワップポイントは得られなくなりましたが、

それでも根強い人気なのが「豪ドル(オーストラリアドル)」。


オージー」の愛称で親しまれており、

日本円との組み合わせの「豪ドル円」は人気の通貨ペアです。


その人気の豪ドル円ですが、ネックなのがスプレッドの広さです。

多くのFX業者では米ドル円スプレッドよりもかなり広く、

1.2銭ぐらいに設定しているところが多のが現状です。


そんな中、東証一部上場・SBIホールディングス傘下の

SBI FXトレードが、

先日より豪ドル円のスプレッドを大きく引き下げ、

0.77銭(1万通貨以下の注文時)に大幅縮小しました。


A社       

スプレッド1.2銭×1万通貨×100回の取引=間接的な手数料・12000円

SBI FXトレード社 

スプレッド0.77銭×1万通貨×100回の取引=間接的な手数料・7700円



12000円-7700円=4300円も違ってきます。


頻繁に取引を繰り返すスキャルピングトレーダーや

大口トレーダーは、

スプレッドの狭い業者を利用しないと、間接的な手数料はばかになりませんね・・・。


ちなみに、

SBI FXトレード社は他の通貨ペアのスプレッドも最狭水準です→SBI FXトレード


そのSBI FXトレードと、

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーンを開催中です。

タイアップバナーよりの新規口座開設と条件を満たせば、以下のメンタル本がもらえます!



タイアップキャンペーンの申込バナーはこちらです→SBI FXトレード タイアップ2013


注目記事。  ミラートレーダー 儲かる 儲からない  オプトレ 必勝法  FX 上場企業

FX 窓埋め 手法  バイトレ 評判  ミラートレード比較  外為オプション 新ルール まとめ



      

【管理人の著書】

FX業者比較

リンク

最近の記事

プロフィール

ブログ内検索

【ご注意・免責事項】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。